icon tedukuri hajimeteno

icon tedukuri hajimeteno

とっても簡単でかわいいノートをいっさつつくりましょう!
サイズは自由ですよ!

 

kantan1
材料・道具:ハサミ,カッター、ペーパーナイフ、目打ち、手製本用針、金物定規、カッターマット、新聞紙、表紙用模様紙,コピー用紙

kantan2kantan3kantan4
先ずはコピー用紙一枚を二つ折りにし、全部揃えてカッターで一気に切りましょう。
全てを束ねて、二つ折りにします。これで中身の用意ができました。

kantan6kantan8
表紙に使う模様の付いた紙は、先程カットした本文紙の天地(長い方)の幅で切りそろえます。

kantan9kantan11
左右の寸法は、表紙の中に本文を入れて、沿わせる様に折り、

kantan12kantan13
長い余分な分をペーパーナイフでカット。それで素材が揃いました!

kantan14kantan15
きっちりと揃えて、天地から三カ所、穴をあけます。
背中からは10mm離した位置になります。

kantan16kantan17
しるしをした所に目打ちで開けます。針が通れば良いです。

kantan21
糸の長さは本の斜めの長さ×4 先ずは真ん中の穴から

kantan22kantan23
糸の最後はこぶを造っておきましょう。
表に糸が出たら、表紙をおって戻し、一回転させて同じ穴に入ります。

kantan24kantan25
次にどちら方向でもいいので、横の穴に移動してはいったら、また背中を渡って同じ穴。

kantan27kantan28
はじっこなので、天地側もくるっと回って同じ穴。
反対側の穴もおなじ要領です。

kantan29kantan30
最後、最初の穴に戻って来ています。図の様に糸を二本引っ掛け(下をくぐる)

kantan31kantan32
輪っかになりますので、その間に入ればこぶが根元に出来ます。そのまま本文の間に出して下さい

kantan33kantan34
kantan35kantan37
最後、左右(小口)の寸法を決めて、一気に定規を当てて切れば完成です!

kantan38

手製本工 房まるみず組

MARUMIZU-GUMI

所在地
174-0072 東京都板橋区南常盤台
1-4-9 サンライズマンション1F
営業時間
午前11時~午後8時
定休日
毎週火・水
アクセス
東武東上線 中板橋駅南口から徒歩8分
常盤台駅から南口徒歩6分
TEL/FAX
03-5995-0052
印刷
トップに戻る
JSN Boot template designed by JoomlaShine.com