icon tedukuri syuri

大切な本は綺麗にしたい。壊れた所を直してあげたい!という事で、一番簡単な修理の現場をお見せ致します。

 

shu-ri01
コチラの本は新書判、表紙は布で、プリントしてありました。とりあえず、汚い。

shu-ri02
剥がしてみると、表紙の裏打ちが綺麗にとれました。

shu-ri03
先ずはざっくりと消しゴムをかけますが、もしこれに耐えられない紙でしたらやめて下さい。

shu-ri04
ひとまずこんな程度に軽く汚れとり。ただ、やはり汚い感じは拭えません。

shu-ri05
洗う事にしました。水を染み込ませたら、匂いは凄いし、変な色も出て来ました。
幸い、印刷が落ちなかったので、強行に洗浄です。ブラシで丁寧に擦り洗い。
少しだけ衣類用の洗剤を投入しました。

shu-ri06
事細かく綺麗にします。

shu-ri07
気がすむまで洗ったら、きちんとすすいで裏打ちです。

shu-ri08
本文の壊れに入ります。破れた部分に面相筆で糊をぬり、

shu-ri09
和紙の包帯を施し、プレス。

shu-ri010
背中に付いた糊も綺麗に省きました。

shu-ri011
内側からは短冊状に切った和紙を貼り合わせる。

shu-ri012
折丁の背中に全て和紙を貼ってあげました。
ぴしっとすると気持ちが良いです。

shu-ri013
目引き作業。

shu-ri014
このように目引きをします。古い本は本文紙がかなり劣化していますので慎重に。

shu-ri015
ここからは通常の製本です。糸かがり。

shu-ri016
かがり終えました!きちんとギャルドブランシュもいれて。

shu-ri017
この素朴な感じを生かしたくて、花ギレもあまり変わらない色でやりました。
チリも元々大きめ(5mmくらい)だったので、再現しました。
汚れは相変わらず残っていますが、それが味になっていい形で復元致しました。
雰囲気を壊さず、修理するのも楽しいです。

shu-ri018

手製本工 房まるみず組

MARUMIZU-GUMI

所在地
174-0072 東京都板橋区南常盤台
1-4-9 サンライズマンション1F
営業時間
午前11時~午後8時
定休日
毎週火・水
アクセス
東武東上線 中板橋駅南口から徒歩8分
常盤台駅から南口徒歩6分
TEL/FAX
03-5995-0052
印刷
トップに戻る
JSN Boot template designed by JoomlaShine.com